黒胡麻
梅にん卵酢は国内産、純正黒胡麻を使用。
今アルコール対応食品として注目。

黒胡麻は昔から伝わる健康食。その秘密はゴマリグナン。

黒胡麻の由来

                     胡麻は、ゴマ科の一年生草木で、亜熱帯の植物です。原産地はアフリカのサバンナ地帯です。胡麻がこの
                     地球上に存在した歴史は古く、紀元前三千年以前より、ナイル川流域で栽培されていたとも言われていま
                     す。そして古代エジプトに伝わり、食用にしたほか、香料や化粧品としても使われ、さら に驚くことにミイラを
                     作るとき仕上げに防腐剤として利用されていたとも言われています。やがて古代ギリシャやローマへと伝わ
                      り、古代文明で胡麻の栽培はますます盛んになっていきました。一方では、アフリカ東部から中近東諸国、
                     インドへと渡り、インドからシルクロードを経て、中国、日本へと伝えられました。しかし、一説によると中国に
                     はメソポタミアやアラビアからすでに入っていたと言われ、黄河文明 の紀元前三千年頃には栽培されてい
                     たとも言われています。日本で胡麻が本格的に食用として重要視されるようになったのは奈良時代以降、
                     平安時代になってからです。さらに仏教の伝来により肉食禁忌の戒律によって、胡麻や大豆など植物性食
                     品中心の精進料理が発展していきました。胡麻油はなたね油より古い歴史を持っています。

黒胡麻の栄養素

                     黒胡麻には必須アミノ酸をたっぷり含んだ良質なタンパク質や脂質、ビタミン類、ミネラル類、食物繊維など
                     がたくさん含まれています。脂質には、リノール酸やリノレン酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれ、健康
                    維持に役立ちます。ミネラル類は鉄分やカルシウム、マグネシウムが豊富です。カルシウムなどは100g中
                     1,200mgも含まれていて、牛乳の12倍にもあたります。また、胡麻には、セサミン・セサミノール・セサモー
                    ルといったゴマリグナン類の特殊成分が含まれているのも特長であり、これが私たちの健康維持に役立つこ
                    とがわかってきました。


                   【ごまにしか含まれない貴重な成分 セサミン】
   セサミンという成分は、ゴマリグナンの中に含まれる貴重な成分です。
   ゴマリグナンは、ごま全成分中に約1%しか含まれていません。
   その約半分をしめるセサミンはごまにしか含まれていないことが、判明して
   います。昔からごまは身体にいいといわれているのは、このセサミンが関係
   しているのが、近年の研究でわかってきています。
   家庭のごま油が他の食用油より酸化が遅いのは、実はセサミンを含んだ
   ゴマリグナンのおかげなのです。

 

胡麻の花

胡麻の収穫